所有権解除


 自動車をローンで購入した場合、車検証の所有者の欄がローン会社や自動車販売店の名義になっています。ローン完済後は、車検証の所有者をご自身の名義に変更する必要があります。なぜなら、所有者がローン会社のままでは、車の処分(売却、相続、廃車など)が行えないからです。

 弊所では、上記手続き(所有権を解除して、車をお客様名義に変更する)を小牧検査登録事務所にて代行致します。


【対応地域】
 愛知主管事務所 小牧支所 (愛知県小牧市新小木3丁目36番地 TEL:050-3816-1773) 
 ナンバー  管轄区域
 一宮  一宮市
 尾張小牧  瀬戸市・犬山市・江南市・小牧市・稲沢市・尾張旭市
岩倉市・清須市・北名古屋市・西春日井郡豊山町・丹羽郡
 春日井  春日井市
【所有権解除手続き費用】
 所有権解除 お客様に所有権解除に必要な書類一式を
ご用意していただきます。弊所にて、陸
運局での手続きを行い、新所有者様の車
検証を取得します。 
 4,320円(税込)
(小牧登録事務所)
※上記弊所手数料の他、検査登録印紙代500円、郵送費等510円が別途必要です。
※普通自動車でナンバーが変わる場合は、原則、陸運局へのお車の持ち込みが必要です。  


所有権解除手続き

 弊所にご依頼頂ける場合は、以下の手続きの流れとなります。
 よろしくお願い申し上げます。



お電話か、メール、FAXのいずれかでご連絡ください。

 お電話 0586-58-9238
070-5330-3730 
365日電話対応可能
8:00~21:00
 FAX 0586-59-2062 24時間365日OK
 メール お問い合わせフォームから 24時間365日OK
                       

2.必要書類を弊事務所へご郵送ください。
【所有権解除の必要書類】(お客様にご用意していただく書類)
 必要書類 備考 
所有権解除書類一式 ローン会社さん、販売店さんから貰えます。
車検証の原本  車検の有効期限があるもの。 
新所有者の印鑑証明書  有効期限は3ヶ月です。 
委任状 ダウンロードしてお使いください。
移転登録委任状(所有権解除).pdf へのリンク
自動車保管場所証明書  使用者の現在の住所が車検証と違う場合に必要です。 
尚、新所有者と新使用者が異なる場合は上記に追加で以下の書類が必要です。

 必要書類 備考 
新使用者の住所を証する書面 住民票か印鑑証明書です。
新使用者の委任状  ダウンロードしてお使いください。(認め印でOK)
移転登録委任状(所有権解除).pdf へのリンク 
■ 自動車保管場所証明書 使用者の現在の住所が車検証と違う場合に必要です。  
※普通車でナンバーが変更になる場合は、陸運局へのお車持ち込みが必要です。
※その他、お客様の状況によって必要となる書類が変わってきます。詳しくは、お問合せください。


【書類送付先】

〒491-0848
愛知県一宮市殿町1丁目45番地  茂木行政書士事務所 宛
TEL:0586-58-9238  FAX:0586-59-2062
                   
3.小牧検査登録事務所にて登録手続き。

書類到着後、不備がないか確認チェック致します。
確認のためにご連絡することがあります。ご協力お願い致します。
原則、書類到着の当日または翌日に申請いたします。


                   

4.手続き完了。

お客様名義の新車検証を取得し、即日ご郵送致します。
ご請求書を同封致しますので、お支払いの程よろしくお願いいたします。

                                       

所有権解除書類一式の再発行について

 自動車をローンで購入した場合は、ローン完済後、自動車の名義をローン会社から自己名義に変更する必要があります。その際、ローン会社や販売店から所有権解除に必要な書類一式(ローン会社の印鑑証明書や委任状など)を発行してもらえます。しかし、何らかの理由で、発行されたこれら「所有権解除書類一式」を紛失してしまう方がいます。紛失してしまうと、自己名義への変更ができず、車の所有者は、ローン完済にも関わらずローン会社のままとなってしまいます。

 普段、車を使用している時には特に問題となりませんが、廃車したい、譲渡したい、売却したいとなった時に、所有者がローン会社のままであると手続きが行えません。

 この「所有権解除書類一式」というものは、とても重要な書類で、法律で二重発行が禁止されています。したがって、これら書類を紛失してしまうと、車を自由に処分できなくなってしまいます。

 しかし、自動車の所有者がローン完済後もローン会社や販売店のままであることは、ローン会社にとっても個人にとってもあまりよい状況ではありません。(車を自由に処分できないので、不法投棄や違法転売に繋がると思います。)。したがって、紛失したことを真摯に反省し、ローン会社や販売店に事情を相談すれば、再発行してもらえる可能性はあります。

 再発行の際に必要とされる書類は以下である事が多いです。(ローン会社や販売店によって求められる書類は変わってきます。)

 兎にも角にも、紛失してしまった場合は、今一度よく探してみてください。もしそれでも見つからないようであれば、まずは、ローン会社さんや販売店さんに事情をご相談してください。何かしら指示をしてくれるかと思います。また、お困りの際は弊所でもご相談にのれますので、お気軽にご相談ください。車の登録事項証明書の取得や顛末書の作成、その他必要書類の収集など、お力添えできるかと思います。


【所有権解除書類一式の再発行で必要となる書類例】

顛末書 紛失した経緯、もしも見つかったら直ちに返納する旨、
再発行に関して全ての責任を自分で負う旨、など記載。
車検証の使用者の印鑑証明書  
ローン完済した方の印鑑証明書   
車の登録事項証明書  管轄の陸運支局で取得します。 
納税証明書  最新のもの。 
その他  車の写真、車体番号の写真など、保険関係書類、
車検の明細書などの「車の所有・管理者」であっ
たことを疎明できる資料。